[PHP-doc 1089] array_multisort

classic Classic list List threaded Threaded
3 messages Options
Reply | Threaded
Open this post in threaded view
|

[PHP-doc 1089] array_multisort

大西愼一-2
大西@元木型屋です。

http://php.net/manual/ja/function.array-multisort.php

説明の項、注意の欄で
 > 比較結果が等しくなる二つのメンバーがあった場合、
ここでは「メンバー」ですが、パラメータの追加の配列では「要素」です。
統一をした方が読み易いと思います。
英文が member なので変えるとなればそちらも変更が必要でしょうが。


 > ソートした配列におけるそれらの並び順は未定義となります。
undefined なので未定義で正しいでしょうけど、意味的には「不定」では?


パラメータの説明の最後の項で
 > 前の配列の同じ要素に対応する要素だけを比較します。
文字だけだとすごく解り難いと思うのは僕だけでしょうか?

「前の配列の比較結果が等しい要素に対応する要素群だけを比較します。」
というのを絞り出しましたが、これでも解り易いとは....
これも変えるとなると英文を変更する必要がありそうですね。


 > 擁するに、辞書的 (lexicographical) なソートを行うということです。
要約するとの意味でしょうから「擁」->「要」でしょう。
そして「辞書的」は何となく違和感がありますが、他に言い様が無いですよね。


ご検討頂ければと思います。
_______________________________________________
PHP-doc mailing list
[hidden email]
http://ml.php.gr.jp/mailman/listinfo/php-doc
Reply | Threaded
Open this post in threaded view
|

[PHP-doc 1090] Re: array_multisort

Yoshio Hanawa
はなわです。

この項目、他にもあやしいですね。

● 一言説明のところ

> array_multisort — 複数の多次元の配列をソートする

orなので「複数または多次元の」ですね。

●説明のところ

> この関数は、ソートの際にキーの相関を維持します。

対応する英文が見当たらない気がします。

●変更履歴のところ

>  arg のソートフラグに追加されました。

「array1_sort_flags で指定できるソートフラグとして追加されました」くらいでしょうか。

●例1のところ

> The entries in the second array corresponding to the identical entries in the first array (100 and 100) were sorted as well.

いまの訳文は係り受けがおかしいように見えます。
(100 and 100)はthe identical entries in the first arrayを指していると思います。

「1番目の配列で等しい要素(100と100)に対応する2番目の配列のエントリは同じソート順でソートされます」
くらいでしょうか。

100に対応する2番目の配列の要素(2と3)がSORT_REGULARでソートされてるよね、
というのがここで言いたいことですよね。
この例でようやく「lexicographical」の意味がわかる人も多いように思います。
1番目の配列は単語の1文字目、2番目の配列は単語の2文字目に当たるというわけでしょう。

では、ご検討ください。


2016年11月17日 12:05 大西愼一 <[hidden email]>:
大西@元木型屋です。

http://php.net/manual/ja/function.array-multisort.php

説明の項、注意の欄で
> 比較結果が等しくなる二つのメンバーがあった場合、
ここでは「メンバー」ですが、パラメータの追加の配列では「要素」です。
統一をした方が読み易いと思います。
英文が member なので変えるとなればそちらも変更が必要でしょうが。


> ソートした配列におけるそれらの並び順は未定義となります。
undefined なので未定義で正しいでしょうけど、意味的には「不定」では?


パラメータの説明の最後の項で
> 前の配列の同じ要素に対応する要素だけを比較します。
文字だけだとすごく解り難いと思うのは僕だけでしょうか?

「前の配列の比較結果が等しい要素に対応する要素群だけを比較します。」
というのを絞り出しましたが、これでも解り易いとは....
これも変えるとなると英文を変更する必要がありそうですね。


> 擁するに、辞書的 (lexicographical) なソートを行うということです。
要約するとの意味でしょうから「擁」->「要」でしょう。
そして「辞書的」は何となく違和感がありますが、他に言い様が無いですよね。


ご検討頂ければと思います。
_______________________________________________
PHP-doc mailing list
[hidden email]
http://ml.php.gr.jp/mailman/listinfo/php-doc


_______________________________________________
PHP-doc mailing list
[hidden email]
http://ml.php.gr.jp/mailman/listinfo/php-doc
Reply | Threaded
Open this post in threaded view
|

[PHP-doc 1091] Re: array_multisort

TAKAGI Masahiro-4
高木です。

大西さんとはなわさんからいただいた案を元に、以下のように変更しました。
ありがとうございました。
 http://news.php.net/php.doc.ja/4607

2016-11-17 18:00 GMT+09:00 Yoshio Hanawa <[hidden email]>:
> はなわです。
>
> この項目、他にもあやしいですね。
>
> ● 一言説明のところ
>
>> array_multisort — 複数の多次元の配列をソートする
>
> orなので「複数または多次元の」ですね。
おっしゃるとおり。誤訳ですね。修正しました。

> ●説明のところ
>
>> この関数は、ソートの際にキーの相関を維持します。
>
> 対応する英文が見当たらない気がします。

「原文の変更に追従するときに消し忘れたのかな…」と履歴をさかのぼって
みましたが、少なくとも2002年のsvn移行の時点でもこの文が存在していますね…。
 http://svn.php.net/viewvc/phpdoc/ja/trunk/reference/array/functions/array-multisort.xml?revision=78214&view=markup
おそらく、それ以前のどこかでコピペミスなどがあったのでしょうね。

>
> ●変更履歴のところ
>
>>  arg のソートフラグに追加されました。
>
> 「array1_sort_flags で指定できるソートフラグとして追加されました」くらいでしょうか。
ですね。
あと、原文の語順にとらわれすぎて日本語として不自然になっている
気がしたので、あわせて語順も少し変更しました。
「array1_sort_flags で指定できるソートフラグに…が追加されました」

> ●例1のところ
>
>> The entries in the second array corresponding to the identical entries in
>> the first array (100 and 100) were sorted as well.
>
> いまの訳文は係り受けがおかしいように見えます。
> (100 and 100)はthe identical entries in the first arrayを指していると思います。

さらに、identificalがうまく訳出されていないのも気になりますね。

> 「1番目の配列で等しい要素(100と100)に対応する2番目の配列のエントリは同じソート順でソートされます」
> くらいでしょうか。
元の訳を尊重して
「最初の配列で等しい要素 (100 および 100) に対応している二番目の配列のエントリは、同じ順にソートされます。」
としておきました。

>
> 100に対応する2番目の配列の要素(2と3)がSORT_REGULARでソートされてるよね、
> というのがここで言いたいことですよね。
> この例でようやく「lexicographical」の意味がわかる人も多いように思います。
> 1番目の配列は単語の1文字目、2番目の配列は単語の2文字目に当たるというわけでしょう。
>
> では、ご検討ください。
>
>
> 2016年11月17日 12:05 大西愼一 <[hidden email]>:
>
>> 大西@元木型屋です。
>>
>> http://php.net/manual/ja/function.array-multisort.php
>>
>> 説明の項、注意の欄で
>> > 比較結果が等しくなる二つのメンバーがあった場合、
>> ここでは「メンバー」ですが、パラメータの追加の配列では「要素」です。
>> 統一をした方が読み易いと思います。

原稿のソースファイル上でこのメッセージが別ファイルに切り出されていた
ので、不整合に気づきづらかったのでしょうね。「要素」にそろえておきました。

>> 英文が member なので変えるとなればそちらも変更が必要でしょうが。
>>
>>
>> > ソートした配列におけるそれらの並び順は未定義となります。
>> undefined なので未定義で正しいでしょうけど、意味的には「不定」では?

そうですね。変更しておきました。

>>
>>
>> パラメータの説明の最後の項で
>> > 前の配列の同じ要素に対応する要素だけを比較します。
>> 文字だけだとすごく解り難いと思うのは僕だけでしょうか?
>>
>> 「前の配列の比較結果が等しい要素に対応する要素群だけを比較します。」
>> というのを絞り出しましたが、これでも解り易いとは....

今の訳よりもだいぶ伝わりやすくなったと思います。そのままいただきました。

>> これも変えるとなると英文を変更する必要がありそうですね。
>>
>>
>> > 擁するに、辞書的 (lexicographical) なソートを行うということです。
>> 要約するとの意味でしょうから「擁」->「要」でしょう。

毎度おなじみ、誤変換シリーズですね ^^
直しておきました。

>> そして「辞書的」は何となく違和感がありますが、他に言い様が無いですよね。

「辞書式の」とか「辞書順の」とかでもよさそうですが、そう言い換えた
ところで劇的に読みやすくわけでもなく…。
 http://ejje.weblio.jp/content/lexicographic+order
今回はひとまず現状のままにしておきます。

>>
>>
>> ご検討頂ければと思います。
>> _______________________________________________
>> PHP-doc mailing list
>> [hidden email]
>> http://ml.php.gr.jp/mailman/listinfo/php-doc
>
>
>
> _______________________________________________
> PHP-doc mailing list
> [hidden email]
> http://ml.php.gr.jp/mailman/listinfo/php-doc
>



--
TAKAGI Masahiro mailto:[hidden email]
_______________________________________________
PHP-doc mailing list
[hidden email]
http://ml.php.gr.jp/mailman/listinfo/php-doc